【SPG】フォーポインツバイシェラトン・バンドン(Four Points by Sheraton Bandung) 宿泊記

【SPG】フォーポインツバイシェラトン・バンドン(Four Points by Sheraton Bandung) 宿泊記

 

マリオットプラチナチャレンジをインドネシア・バンドンで実施中。ジャカルタからのアクセスが良く、世界最安値クラスのMOXYバンドンがあるので。

そして今回はホッピングための谷間の宿泊を、MOXYバンドンの道路を挟んで反対側にあるFour Points by Sheraton Bandungにて。本当は11月になれば、近所にCourtyard Bandung Dagoがオープンするのでそちらがベストなのですが、間に合わなかったのでポイント宿泊です。

しかしフォーポインツは、これはこれで良いホテルでした。

 

 

どんなホテル??

 

SPGカテゴリー2なので、ポイント宿泊の場合は平日4,000ポイント、週末なら3,000ポイントです。今はExplore moreで1滞在1,000ポイントのキャンペーンがあるのですが、このホテルに泊まる予定が週末だったためポイント宿泊を選択しました。

バンドン市内では12階建てとそこそこの高さがあります。プールやフィットネス、ルーフトップバーも付いていて、部屋の種類も豊富です。

道路を挟んで反対側にMOXY bandungがある他、少し北に行くとSheraton Bandung Hotel & Towersがあります。また南へ向かえば、11月からはCourtyard Bandung Dagoがあります。

 

MOXY bandungの宿泊記はこちら↓↓

[kanren postid=”3417″]

 

アクセス

ジャカルタからバンドンまでは電車で行きました。

エクゼクティブクラブ(いわゆるファーストクラス)でジャカルタから片道約3時間、往復料金は250,000ルピア。

バンドンは他の都市に行く場合と比べ、値段は飛行機より安く、総移動時間もそこまで変わらず、時間にも融通が利いて、車窓を楽しみながらの電車旅が出来るのがメリットです。

その他バンドンに行く手段として乗り合いバスや長距離バスもありますが、値段は大きく変わらないのにデメリットが大きい(事故する可能性が高い、渋滞にはまるので時間がかかる&時間が読めない)ので、電車をお勧めします。

バンドン駅からは北東へ約2.5km。車だと10分程度の距離です。徒歩だとやや遠いので、駅からUberを使うことをお勧めします。Uberは駅駐車場へは入れないので、少し出て大通りで乗る必要があります。Grand Sovia Hotelというホテルがあるので、そこを目印に待ち合わせをすると見つけやすいです。Uberだと14,000ルピアでした。

ちなみに駅にブルーバード乗り場もあるもののバンドン市内はほとんどブルーバードを見かけません。流しのタクシーが心配な場合(ぼったくりなど)は、Uberを使うことをお勧めします。

 

宿泊料金と部屋タイプ

客室は162部屋あり、うち4部屋がスイートです。

部屋タイプ 広さ 会員限定
前払料金
会員限定
前払料金(朝食込)
クラシック 30㎡ Rp 1,079,668 Rp 1,203,929
プレミア 36㎡ Rp 1,421,644 Rp 1,545,905
デラックス 39㎡ Rp 1,568,205 Rp 1,692,466
エクゼクティブスイート 56㎡ Rp 2,545,281 Rp 2,669,541
プレミアスイート 69㎡ Rp 4,499,431 Rp 4,623,692

 

会員料金で朝食を追加した場合は一人あたり124,261ルピア(税サ込)の増加になります。フロントで確認したところ、後から朝食を付ける場合は130,000ルピア(税サ抜き)となります。

クラシックからデラックスまでは禁煙と喫煙可の部屋があります。スイートは両方禁煙です。クラシックはツインとキングベッドが選べますが、プレミア以降はキングベッドのみになります。プレミアからバスタブが、デラックスからソファが付いてきます。

筆者が宿泊予定の日は、現時点でプレミアスイートまで全部予約可能です。はてさてSPGゴールドのポイント宿泊で、クラシックルームからどこまでアップグレードしてもらえるやら。

SPG系列のホテルに宿泊する際は、キャッシュバックサイトを経由することを忘れずに!筆者のおすすめはBeFrugalです!

[kanren postid=”3150″]

 

満室のためアップグレードならず・・・

さてチャックイン。すでに何やら人が多そうな雰囲気です。聞いてみると、クラシックからアップグレードなしとのこと…。それでも部屋は高層階の9階を用意してもらえました。

 

 

MOXYと比べると「ザ・ホテル」という感じで、重厚感や格式の感じられるホテルといった感じです。外観も含めて、こちらは白が基調となっています。MOXYもそうんですが、バンドンのホテルはどことなくヨーロピアンスタイルな印象を受けます。

フォーポインツの残念なところはシャワーが弱い&ぬるい。ジャカルタと比べても涼しいバンドンなので夜は冷房いらずなのですが、その分シャワーで温まれないと結構つらいです。

 

プール…に入るには少し肌寒かった

 

本当はプールでのんびりしようと思っていたのですが、直前に雨が降ったせいで水が少し濁っていたのと、そもそも曇りなのでプールに入るには少し肌寒かったので諦めました。

プールサイドにはバーカウンターがあり、朝には朝食会場にもなります。ここはプールも含めて、宿泊者でなくても入ってくることが出来ます。

ちなみにプールの横にはジムがあります。こちらは入口でカードキーをかざす必要があるので、宿泊者専用となっています。

 

ホテル最大の特徴(?)ウェルカムギフト

 

このホテルを象徴するのがこちらのウェルカムギフト。精巧な魚の形をしたプリン(?)です。宿泊者全員なのか、メンバーギフトなのかはわかりません。

筆者の場合チェックインして最初に部屋に入った時はなく、出かけて夜帰ってきたときにメッセージカードが添えて置かれていました。

見た目は物珍しく、インスタ映えするのですが、お味のほうは・・・。

 

オムレツはシェフ要修行の朝食ビュッフェ

 

朝食は、ロビーフロアの会場でとりました。しょせんSPGゴールドなので、お金を払っての朝食ビュッフェです。

フォーポインツらしからぬ、しっかりしたビュッフェなのですが、オムレツの形だけいただけません。もう少しなんとかならなかったのか…。他のものは、まぁなんというか「普通」でした。

 

まとめ

こうやって振り返ってみると、かなりネガティブ意見やホテルに対する注文が大きいですね。やはりどうしてもMOXYバンドンと比較して、コスパ的には見劣りすると思います。

MOXYがだいたい550,000ルピア(約4500円)に対して、フォーポインツは有償で宿泊すると1,200,000ルピア(約1万円)。やはりその辺りの価格差が評価に影響してきます。カテゴリー2なのでポイントで宿泊する分には構わないでしょうが、わざわざお金を払ってまでとなると、個人的には躊躇ってしまうかなといったところです。

ただフォーポインツ自体も、それ単体で考えたら格式あるホテルみたいですし、めちゃくちゃコスパが悪いといったことはないと思います。今回は天気や宿泊状況の影響もありましたし、ある程度運が良ければ、色々満足できるのではないでしょうか。

 

カードを持つだけで朝食無料マリオットゴールド(SPGゴールド)資格が取得でき、100円の利用につき1.25マイル(ANA, JAL, etc…)が貯められるSPGアメックスカード申し込みはこちらからどうぞ。今なら最大21,250マイル(17,000スターポイント)をゲットできます。