【兵庫横断ツーリング】国道196号線沿い、丹波の鐘ケ坂トンネル周辺にある廃墟『吉祥苑』を訪れた。

 

2016年夏の帰省ツーリングの途中。京都から広島へ向かう時のこと。

篠山城から竹田城へ向かう途中。高速を通っては味気がないと思い、下道で向かうことにしました。国道176号線から、北近畿豊岡自動車道の無料区間を通り、国道427号で遠坂峠を越えていくルートです。その途中、国道176号線で鐘ケ坂バイパスを過ぎたあと、3つの廃墟を見つけました。

思わず興味を引かれたので、引き返して覗いてみることにしました。

 

 

吉祥苑

まず最初は鐘ケ坂バイパスを出てすぐ、簡易パーキングエリアの横にある建物です。少し手前には鐘ヶ坂公園と、こちらも廃墟で有名な鐘ヶ坂トンネルがあります。建物の名前は「吉祥苑」。元々は結婚式場を併設した旅館だったそうです。

 


(外観からして廃墟感が漂っています)


看板のセンスに時代を感じます。

入り口の建物名のところには大きな落書きが。横の葵の御紋が気になります。

玄関の窓ガラスは割られ、配線などが剝き出しになっています。

建物は2階建てで、地下フロアもあります。階段が今にも崩落しそうです。

外は草がボウボウに生い茂っています。並んだ4体のお地蔵さんだけが綺麗にされていました。

 

結構兵庫県内では有名な廃墟らしく、色んな方が探訪しています。自分以上に突っ込んで探索した方や、肝試しの実況動画などもありますね。

自分は昼間の状態ですらすでに立ち入りたくなかったので、写真もすぐ逃げれるような玄関から撮ったものだけになります。雰囲気自体はかなりヤバそうな感じです。絶対肝試しとか嫌です。

内部の詳しい写真はこちらのブログが分かりやすかったです。

 

玉水

吉祥苑から少し離れたところには元レストランであったであろう『玉水』という店があります。こちらは閉鎖されて間もないようで、戸口にも鍵がかかっていました。中には入れなかったので、外から眺めるのみです。

 


建物はまだ綺麗さを保っています。

ぼたん鍋食べたいです。黒線で消されたところが気になりますね。

 

ジャパン

関西では有名な格安スーパー『ジャパン』がありました。こちらは直近1年以内くらいで撤去したようで、やはり鍵がかけられていました。

 


看板の柱の錆び具合で、今後の廃墟化が期待できそうです。


すでに草が生い茂り、ごみが散乱しています。

看板などはこのままで、なぜ撤去をしなかったのか気になります。

 

鐘ケ坂トンネル

前述したように、この付近はそもそも『鐘ケ坂トンネル』が廃墟スポットとして有名です。あとになってそういう場所なんだと知ったので、特に訪れはしませんでした。

鐘ケ坂トンネル(かねがさかトンネル)とは、国道176号の兵庫県丹波市と篠山市の市境に建設されているトンネル。両市境の鐘ケ坂峠に設置されているが、明治、昭和、平成にそれぞれ新たなトンネルが建設され、同一の峠に別途3つのトンネルが設置されるという、全国的にも珍しい箇所となっている。

Wikipedia「鐘ケ坂トンネル」より

 

吉祥苑はこの辺りになります。これだけを目的で行くことは中々ないでしょうが、もし通りかかることがあれば一目見てみるのもいいでしょう。ちなみに基本的に建物に入るのはNGなので、自己責任でお願いします。