【Marriott】世界最安値、1泊4000円!?インドネシアのスラバヤにあるフェアフィールド・スラバヤ 宿泊記

【Marriott】世界最安値、1泊4000円!?インドネシアのスラバヤにあるフェアフィールド・スラバヤ 宿泊記

 

マリオットプラチナチャレンジ4泊目は、インドネシア第二の都市スラバヤにあるフェアフィールド・バイ・マリオット・スラバヤ(Fairfield by Marriott Surabaya)!

驚きの価格はマリオットプラチナチャレンジの大きな手助けとなります。

 

どんなホテル??

 

カテゴリー1のホテルです。2016年11月にオープンしたばかりなので、内装外装含めて全体的にかなり綺麗です。

30階建てとスラバヤ市内ではかなり高い建物となっています。262の部屋に8のスイートルームがあります。

立地的にはスラバヤ市街の中心地から離れており、周囲に何もないですが、高速のインターが近いので空港からのアクセスは悪くありません。また北へ徒歩20分ほど行くと、かつて東南アジア最大と言われた赤線地帯ドリーがありますが、現在は潰れています。

タクシーの運転手には「Fairfield Hotel」といえば通じます。通じない場合は「Mayapada Complex」と伝えてみましょう。

 

 

このウェルカムドリンクは、もしやMOXYバンドンで提供されたものと同じものでは・・・?

[kanren postid=”3417″]

 

アクセス

ジュアンダ国際空港からは車で30分、タクシーを使うと高速料金込みで100,000ルピア程度です。

ジャカルタースラバヤ間は航空便の数が多く、LCCの安い便だと片道400,000ルピア(約3,300円)程度で訪れることが出来ます。所要時間は1時間15分程度です。

なおジュアンダ国際空港に到着の際は、到着ロビーに出る前にカウンターでブルーバードタクシーを予約しましょう。外に出てしまうとブルーバードを捕まえることが出来ず、白タクと交渉する嵌めになります。

また昨今、スラバヤでは特にオンライン配車サービス(Uber, Go-Car, Grab Car)に対する反発が大きく、空港での乗り入れは原則禁止されているため、ドライバーと待ち合わせをするのが一苦労です。加えて、スラバヤの人はジャワ語訛りのインドネシア語(あるいはジャワ語そのもの)を話す人が多く、インドネシア語を喋れる方でも、通話でのドライバーとのコミュニケーションが難しくなります。

 

その他、国鉄APIのジャカルタースラバヤ路線(Argo Bromo Anggrek)の終着駅Pasar Turiからは車で30分程度です。

 

宿泊料金と部屋タイプ

部屋タイプ 広さ
Fairfield Room 27㎡
Fairfield Family Room 56㎡
Fairfield Suites 80㎡

 

公式サイトからはファミリールームやスイートルームの予約ができません。公式サイトからの予約ではFairfield Roomのプランしかありません。ですので現時点でファミリールームやスイートルームの料金は不明です。これらの予約はホテルに問い合わせる必要があります。

 

2017年11月7日現在、最安は週末レートの484,000ルピア(税込585,640ルピア)となっています。が、筆者の予約は税込421,000ルピア(税込509,410ルピア)だったので、時期が変われば安くなることもありそうです。

日本円にすると約3,600円(税込4,250円)です。さすがにこの金額で泊れるマリオット系列は、世界広しといえどないでしょう。仮にここで9滞在すると考えると、税込でも38,250円でマリオットプラチナをゲット出来ちゃいます。10万円を割れば相当安いとされる日本でのプラチナチャレンジと比べると破格です。

 

日本だとあり得ない安さですね!!!

 

この安くプラチナチャレンジが出来る環境があるというのは、一つインドネシア在住者の大きなメリットではないでしょうか。

マリオット系列のホテルに宿泊する際は、キャッシュバックサイトを経由することを忘れずに!筆者のおすすめはBeFrugalです!

[kanren postid=”3150″]

 

実際のお部屋

残念ながら今回は全くアップグレードがありませんでした…。マリオット4泊目にして、初めてアップグレードなしです…orz

まぁ一般的にファミリールームやスイートが開放されていないことを考えると、アップグレードなしもやむなしかと思います。部屋自体は白を基調としていて、新しいので全体的にかなり綺麗です。

 

 

例によってウェルカムスイーツが置いてあったのですが、チェックイン時間が予定より遅くなったせいもあるのでしょう。アリが大量にたかっていました…。

気持ちは嬉しいのですが、さすがにこれを食べる気も起きなかったので、サービスデスクに伝えたところ新しいものを持ってきてくれました。

 

 

バスルームも部屋と同様、白を基調としており、こちらも新しいだけあってかなり綺麗です。ただ個人的に、シャワーを浴びたときに水が少し臭う気がしました。下水の臭いではないのですが、「ん?なんか臭い…?」といった感じの違和感です。結局なんなのかは分かりませんでしたが。

 

 

建物がスラバヤでは珍しい高層階で、窓から見渡す景色に自分のところより高い建物は見当たりません。これは周りが高層ビルばっかのジャカルタでは中々見ることが出来ない景色ですね。

 

 

屋外プールとジム

 

新しいホテルだけあってプールなどの設備もかなり綺麗です。ただし、ちょうど高いビルの間(片方はホテル棟、もう片方は恐らくビジネス用)に挟まれているので、風が結構きついです。

個人的にはプールサイドにあったサマーチェアが良い形をしていたので、持って帰りたいなと思いました。どんなものかは是非ちぇけら!

ジムもそれなりの設備が揃っており、この近くにはマッサージルームやスパルームもあります。

 

 

 

朝食はモーニングビュッフェ…?

(一部修正)

このホテルの朝食というのがイマイチよく分からないままです。恐らく朝食会場は2か所、ロビーのチェックインカウンター裏にあるコーヒーハウス(バーカウンター)と、4階(か5階)のレストラン「KAVA」。

今回早朝出発でどのみち朝食は取れないのであまり深く聞かなかったのですが、チェックイン時に「お客様の予約は朝食なしプランですね。100,000ルピア追加すれば食べられますよ」と言われました。

KAVAで提供されるのは間違いなくモーニングブッフェでしょう。

しkしマリオット公式から予約するといくつかプランが出てきて、「Including Breakfast」というプランもあるのですが、規約では「Coffee Shopでの食事」とか「Coffee ShopでのBuffet」といった書かれ方をしています。

 

恐らく「includes buffet breakfast」のプランを選べば、確実にモーニングビュッフェになるのでしょうが…。

それでも朝食会場はロビーのコーヒーハウスか、KAVAなのかは分かりません。見た感じロビーでビュッフェということもなさそうな感じでしたし…。

コーヒーハウスに果たしてビュッフェがあるのか。予約プランによってはレストラン「KAVA」でのモーニングビュッフェなのか。そのあたりがいまいち分かりづらくなっています。

どなたか泊まられる方がいれば検証よろしくお願いします<(_ _)>

 

カードを持つだけで朝食無料マリオットゴールド(SPGゴールド)資格が取得でき、100円の利用につき1.25マイル(ANA, JAL, etc…)が貯められるSPGアメックスカード申し込みはこちらからどうぞ。今なら最大21,250マイル(17,000スターポイント)をゲットできます。