【東京競馬場訪問記】ダービーをレコードで制し、二冠馬ドゥラメンテ降臨。

 

2015年5月31日。

2012年に生を受けた6,819頭のサラブレッドの頂点を決める戦いが行われた。第82回東京優駿、日本ダービーである。

 

 

というわけで、人生初のダービー生観戦のためだけに、東京までやってきました!

運の悪いことに、前日品川で有人と前夜祭を行っていたところ地震に見舞われました。関西人には慣れない地震ですが、関東人からすれば「ああ、またか」といったようで。動じる様子もなく、その様にこちらが動揺してしまいました

 

いざ、京王線で府中競馬場へ

府中競馬正門前 看板

 

さて、特に観戦場所を確保するつもりもありませんでしたが、せっかくなので1レースから観戦しようと新宿から京王線に乗り込み、府中競馬正門前へ。

さすがにダービーデーとだけあって、朝の時間から臨時列車が運行されていました。

中山や阪神とは違い、京都のように駅からは歩いてすぐの距離に競馬場があります。さすがに日本を代表する大レースが数多く行われるだけあって、スタンドも綺麗です。阪神・京都・中山のスタンド内は、ウインズの延長線上のようでくすんだ白が基調です。

一方で、東京競馬場だけはインテリアにもこだわりがあるのか、全く別の雰囲気を醸し出していました。

 

ダービーデーは大混雑のスタンド

レース前スタンド

 

当日は朝から半端ない混雑でしたが、午後になりいよいよダービーが近づいてくると人の量も尋常じゃないです。レース開始直前には歩くスペースもないこの有り様です。

 

 

肝心のレースはというと、皐月賞よりも前目で競馬を進めた圧倒的1番人気(1.9倍)の我らがドゥラメンテが、直線半ばで先頭に立ち押し切り勝ち。

皐月賞のような度肝を抜かれたレースっぷりではありませんが、改めて強さを感じさせる横綱競馬で2冠目を手にし、世代の頂点に輝きました。

入線後は、デムーロ騎手がウイニングランを行います。ちょうど自分が観戦していた位置の正面から、地下馬道へと戻っていきました。

 

レース後スタンド

 

やはり勝つべき馬が勝つと、スタンドの一体感も高まるものです。ただし筆者の馬券の本線は、ドゥラメンテ→リアルスティールだったので、完全勝利とはならず。それでも単勝と1着固定をしこたま買っていたので、今回の旅費分くらいにはなりました。

 

ドゥラメンテ馬券

 

帰りの飛行機の都合もあり、目黒記念は観戦せず、ダービー終了直後に羽田空港へ直行。

夢の続きは三冠か凱旋門か…。ドゥラメンテの行く先が楽しみです。