【Marriott】ウェスティン・ヌサドゥア(Westin Nusadua)宿泊記。ビーチサイドでワーケーション。

バリ島西端のMenjanganへダイビングへ行ったあと、24時間飛行機に乗れないのでバリ島中心部へ戻って1泊してからジャカルタへ戻ってきました。

その際に宿泊したのが、今回のウェスティン・ヌサドゥア(Westin Nusadua)です。

ウェスティン・ヌサドゥアはどんなホテル?

バリ島南東部ヌサドゥアに位置するリゾートホテルです。

ヌサドゥアのビーチに面したホテルで、プライベートビーチが売りの一つになっています。まだキッズスペースやキッズプールが広いので、子供連れ家族にも向いているホテルです。

2021年最新だとカテゴリー5です。 コロナ禍によって割安価格になっていて、1泊8,000円(税込)程度で宿泊できます。

2013年に改修されたそうですが、コンセントの少なさや排水音の煩さなど、所々年季を感じます。

隣には同じマリオット系列のザ・ラグーナ・ラグジュアリーコレクションがあります。

ラグーンプールが魅力!バリ島ヌサドゥアにあるザ・ラグーナ・ラグジュアリーコレクション・リゾート&スパ 宿泊記

 

ウェスティン・ヌサドゥアへのアクセス

バリ島の玄関口、デンパサール(ングラライ)国際空港からは車で20分程度の距離になります。

ヌサドゥアは国によって開発されたリゾート特区で、エリアに入るためにもセキュリティチェックがあります。エリア内には名だたる高級ホテルやバリコレクション(モール)コンベンションセンターがあり、外国人が治安を気にせず安全に楽しめるエリアになっています。

ウェスティン・ヌサドゥア自体もコンベンションセンターに隣接しているほか、バリコレクションにも近く便利な立地になっています。

またヌサドゥアエリアには多数のマリオット系列ホテルがあり、前述のザ・ラグーナや以前泊まったリッツカールトン、そのほかにもセントレジス、マリオット、コートヤードなどがあります。

【Marriott】リッツカールトン バリ(Ritz Carlton Bali)宿泊記。プライベートビーチを備えたリゾートホテル。

 

ウェスティン・ヌサドゥアの部屋タイプ

部屋タイプ 広さ
デラックスルーム 38㎡
プレミアムルーム 48㎡
ウェスティン・スイート(1ベッドルーム) 78㎡
オーシャン・スイート(1ベッドルーム・2ベッドルーム) 86㎡
ファミリー・スイート 117㎡
ウェスティン・スイート(2ベッドルーム) 86㎡
オーシャン・スイート(プライベートプール) 86㎡
レジデンス・スイート 144㎡
プレジデンシャル・スイート 171㎡

部屋タイプの多さに加え、各部屋タイプもビューやベッドタイプ、ベッドルーム数に応じた部屋があるので、かなり種類が多いです。

プラチナエリートではジュニアスイート相当のウェスティン・スイートまでがアップグレードの対象になるようです。オーシャンスイートより上は、チタンエリート以上が無料アップグレードの対象となります。

 

ウェスティン・ヌサドゥアの宿泊レビュー

ウェスティン・スイート

入って真ん中にダイニングテーブル、左手にリビング・ビジネスデスク・サブトイレがあり、右手にベッドルームとその奥にメインバスルームになります。

すべてが横繋がりになっているので部屋の動線はあまり良くありません。個人的な印象としては真ん中のダイニングルームがいらないです。それがなくリビングとベッドルーム&バスルームだけの部屋があれば、一人で使うにはちょうど良いサイズ感になるのにと思いました。

またコンセントも少なく、なぜかCタイプのほかBFタイプのコンセントがありました。USBポートもなく、結構不便です。

ウェルカムギフトはダイニングテーブルに乗っているフルーツてんこ盛りで、とても1晩1人で食べきれるものではなかったです(笑)

 

プライベートビーチ

このホテルでは部屋でのんびりするよりも、ビーチへ出かけて行った方がいいです。

白い砂、青い空、青い海が眼前に広がった素晴らしい光景を味わえますが、南国の太陽が熱すぎるので日陰に陣取った方が絶対いいです。

ガゼボは本来なら有料(1日250,000ルピア)ですが、時勢柄人も少ないので無料で使うことができました。

風が心地よく、プライベートビーチなのでクタビーチのように物売りが多いわけでもなく(全くいないわけではなく少しいますが、全然しつこくありません)、静かにのんびり過ごすことができます。

 

プール

ど真ん中にあるプールも広くて快適です。

プールサイドチェアも多く、パラソルではなく日陰に置かれたものもあるので、日差しが強い場合はそちらを利用するといいでしょう。

 

アクティビティ

カバナ同様、カヌーとサイクリング(自転車レンタル)も今だけ特別無料になっています!

 

朝食レストラン

朝食レストランは「Seasonal Taste」になります。

そのほかロビーラウンジと Ikan Beachfront Restaurant はオープンしていますが、それ以外は日本食レストラン「浜辺」を含めクローズしています。

内にいるスタッフが取ってくれるビュッフェスタイルで、食べ物の種類はかなり豊富でした。

上手いと評判だったエッグベネディクトは、…普通です(笑)

 

まとめ

週末(金夜・土夜ステイ)を避けて訪れたのですが、朝食レストランやプールの様子を見る限り、宿泊客は多そうでした。インドネシア人の家族連れ宿泊客が多く、そのほか見かけたのは欧米人の家族連れで、日本人は全くいなさそうです。

ビーチサイドで過ごす時間は非常に満足だったのですが、部屋が古くところどころ不便さを感じるのは否めません。コロナ禍の今の価格ならアリかなと思いますが、長期ステイするにしても別の選択肢が良さそうです。