【インドネシア】バンドンにある巨大屋内遊園地『Trans Studio Bandung』を訪れた。

【インドネシア】バンドンにある巨大屋内遊園地『Trans Studio Bandung』を訪れた。

 

インドネシアの首都・ジャカルタから南東へ約150キロのところに、第三の都市・バンドンはあります。ジャカルタからは鉄道やバス、車で気軽に訪れることが出来ます。

繊維・服飾の街として栄えたこともあり、有名ブランドが格安で購入できるアウトレットモールなどがあります。その他、高原地帯で避暑地としても有名で、近くのLembangには温泉もあります。

歴史上では、1955年に第一回アジアアフリカ会議が行われたことでも知られています。学問ではインドネシアの東大ともいわれるバンドン工科大学があります。

 

 

このように学問・歴史・ショッピング・休暇の用途に優れ、ジャワのパリ(Paris Van Java)と呼ばれることもあるバンドンですが、有名な観光地はあまりありません。筆者ものんびりしにバンドンに来たものの、時間を持て余すことがありました。

そこで今回、Trip Advisorでバンドン3位の観光名所として紹介されている「Trans Studio Bandung」に行ってきたので、様子をレポートします。

 

Trans Studio Bandungとは?

国鉄バンドン駅から車で東へ約15分のところにあります。同じ敷地内にバンドン最大級の高級モール「Trans Studio Mall」や巨大モスク「Great Mosque of Trans Studio Bandung」、それからホテルとして「ibis Bandung Trans Studio Hotel」がある複合施設です。

屋内遊園地は2011年6月に世界最大級の屋内遊園地としてオープンしました。Trans Studioは元々マカッサルにオープンしていましたが、バンドンのものはより巨大に、また若者向けに作られています。遊園地内は3つのエリアに分かれており、全部で23のアトラクションがあります。

 

 

料金はいくら?

平日(月~木) Rp 180,000
金曜日 Rp 200,000
土・日・祝日・学校休日 Rp 280,000

 

大人子供関係なく、すべての年齢でこの値段となっています。インドネシアの物価から考えると、結構高めのお値段です。上記の値段はAll inclusiveなのでアトラクションはすべて込みですが、飲食代は別です。プローモーションを多くやっており、筆者が訪れた際もTelekomsel利用者は20 telekomsel pointでBuy 1 Get 1というプロモーションがありました。

営業時間は平日(月~金)が10時から19時土・日・祝日が9時から21時となっています。

 

アトラクションはなにがある?

Yamaha Racing Coaster

 

まず最初に目につくトラクションがこちらのジェットコースター。外に突き出す形になっているので、Trans Studioに訪れたらまず目にします。遊園地のエントランスを入ってすぐのところにあるので、皆さん最初はこちらに向かいます。この日はあまり混んでいなかったので、ほとんど待ち時間なしで乗ることが出来ました。

乗車時間は1分程度ですが、乗っている間はバンドンの街並みが良く見えるので綺麗ですよ。夕焼けの時間に行くとなお良しです。スマホやカメラは基本的に持参禁止(乗車時に置いていく)みたいですが、撮影できなくもないと思います。ただし落とした場合、そして下には人がいるのでそれでケガした場合などは自己責任になります。

 

Dunlop Trans Car Racing

 

いわゆるゴーカートです。レールに沿って走るので、コースアウトすることもありません。大人の男性が運転しようとすると、アクセルなどやや窮屈です。

こちらは回転率が悪いので、結構待たされることがあります。乗車時間は5分程度です。

 

Jelajah

 

USJにあるジュラシックパークのパクリです。水の上をボートが勝手に進んでいき、最後に結構な高さから落ちます。安全バーがないため、落ちるときは体が浮くので結構怖いです。

あとめちゃくちゃ水を被ることになります。この水臭いです。ちなみに降りた後はタオルなどありません。全身乾燥機がありますが、有料です。3万ルピア(1万ルピア×3枚)ですが、1万ルピアしか受け付けない上、両替もしてくれないので期待してはいけません。

これに乗るならフェイスタオルと着替えを用意しておいたほうが良いでしょう。モールで買うのもアリですね!

 

Dunia Lain

 

トロッコに乗って進むお化け屋敷です。造りがかなりチープで、びっくりさせられる仕掛けもないので、あまり大したことないです。むしろトロッコに乗るところまで行くのに結構距離があり、階段やエスカレータがあるもののかなり暗いので、そこを歩くことのほうが怖かったです。

 

パレード

 

16時になるとエレクトリカルパレードが始まります。よくわかりませんが、電飾が施された魚類や昆虫が練り歩きます。電飾は派手で綺麗ですが、物体はよく見るとキモいです。

 

まとめ

モールは、高級ブランドが並ぶモールでしたが、遊園地は日曜日だったのにもかかわらずガラガラでした。ゴーカート以外はとくに並ぶこともなかったです。

ジェットコースターはインドネシアクオリティの怖さ(故障するかもしれない怖さ)も相まって、スリルがあって楽しかったです。それ以外のアトラクションはチープ感が漂っていたので、大人はあまり楽しめないかもしれません。身長制限をクリアできる子供さんなら楽しめるでしょう。実際子供や家族連ればかりでした。

筆者はジュラシックパークもどきでびしょ濡れになってテンション下がったので、4つアトラクションを回っただけで帰りました。Buy 1 Get 1だったのでまだ良かったです。

家族旅行でバンドンに訪れる場合など、訪れてみてはいかがでしょうか!筆者は一回行ったのでもういいです(笑)