広島から一番近いカジノ!韓国・プサンへ行くおすすめルートは?

 

昨年末にカジノ法案が成立し、日本でもカジノが作られる運びとなりました。一方で、実際にカジノが運営されるまでには課題が山積みで、一般人がいつ行けるようになるかもわかりません。そもそも一般の日本国民が行けるようになるのかもわかりませんが…。

シンガポールでは自国民は1万円近い入場料が必要ですし、韓国に至っては自国民のカジノの入場を禁止しています。

それでも先に備えて、カジノとはどういうものかを学ぶことも含めてカジノに行ってみてはいかがでしょうか?日本から一番近いカジノは、韓国・釜山(プサン)にあります。

 

 

広島からプサンまでは直線距離で約320kmです。だいたい広島から京都までと一緒くらいの距離です。京都までは新幹線で2時間、17,000円くらいで行けますが、プサンへはどうやって行けばよいのか?

今回は広島からプサンへ行く効率的なルートについてのお話です!

 

広島からの行き方

かつては広島の宇品港から釜山への直行フェリーが就航していましたが、2005年に廃止になりました。

2017年現在、広島から韓国への直行便、2016年10月に就航したエアソウルのみです。ですが、エアソウルは土曜日に広島を出発する便がなく、週末海外旅行というわけにはいきません。

広島から韓国・ソウルまでLCCのエアソウル(AIR SEOUL)が就航した!

2016年10月28日

 

検討対象のルートは広島から移動して、飛行機の場合は福岡空港から、船舶の場合は博多港か下関港から出発することになります。今回は飛行機と船舶を利用した場合の比較を行っていきます。条件は以下の通りです。

  • 土日の1泊2日(3月11日~12日)でプサンに滞在する。
  • 車と新幹線の場合、出発地は広島駅を起点とする。バスは広島バスセンター。
  • 車で福岡まで移動する場合は、軽自動車ETCを利用し、廿日市ICから乗ることを想定する。

 

フェリー

福岡の博多港から釜山へは2種類のフェリーが就航しています。高速船のビートル(BEETLE)と、カメリアラインです。

 

博多港~プサン

博多港までのアクセス

【最安・最速】広島-福岡(博多)間の移動方法の比較。最安は1500円から。最速は1時間から。

2018年11月10日
  • 新幹線の場合:8,420円+240円(片道・自由席)/広島駅から博多港まで約1時間30分
  • 高速バスの場合:2,500円~4,100円+240円(片道)/広島バスセンターから
  • 自家用車の場合:5,820円(片道)
  • 駐車料金:博多港駐車場で1日1,000円

 

ビートル

ビートルは2005年から就航した高速船で、プサンまでわずか3時間で到着します。

出港時刻や便数は日にちによって変動があるので、HPで確認してください。午前中は7時台から11時台まで1本~2本で出航しています。午後は13時台から15時台までの間で1本が通常です。乗船手続きの締め切り時刻は45分前です。余裕をもって1時間半前までには博多港に着いておきたいところです。

http://www.jrbeetle.co.jp/internet/schedule/index.html

 

料金は土日に往復する場合、24,000円(往復割引適用)です。

キャンペーンをやっており、オンライン予約・クレジット決済限定の「うみ旅」を利用すると、最安値の「うみ旅Super」で14,800円で行けます。別途、ターミナル施設利用料500円と燃油サーチャージが800円発生します。韓国側ではウォン建てでの支払いとなります。

3月11日出発の3月12日帰着の場合、2月14日現時点で「うみ旅Special」のプランが残っていました。往復運賃16,800円+燃サ(往復)2,600円=合計19,400円です。

 

 

カメリアフェリー

博多港と釜山を結ぶフェリーです。車両も運搬できます。以下のスケジュールで、1日1本運行されています。

  • 博多(11:30)→プサン(18:00)
  • プサン(20:00)→博多(翌日7:30)

プサン→博多の方が時間が長いのは、博多港の入国管理局が開くのを船内で待つからだそうです。こちらは出航の60分前までの手続き完了を推奨しています。

 

部屋によって料金が分かれており、大人往復の通常料金は以下の通りです。

  • 特別室(38,000円)
  • 特等シングル(30,400円)ツイン(26,600円)
  • 1等和室・洋室(22,800円)
  • 2等(17,100円)

この他、ターミナル施設利用料500円、燃油サーチャージ300円(いずれも片道)が発生します。

パックプランや、早割キャンペーンなどが多く、公式サイトより安く取れる場合が多いです。高速バスで有名なWILLER TRAVELは14日前までの予約による早割キャンペーンで、往復12,600円(2等客室)でした。

 

http://travel.willer.co.jp/ferry/campaign/busan/#kameria

 

下関~釜山

フェリーですと、関釜フェリーが運航する下関港から出港するルートもあります。広島から下関へ行くには、新幹線か自家用車しか方法がないのでご注意ください。

関釜フェリー

以下のスケジュールで、1日1本運行されています。

  • 下関(19:45)→プサン(翌日8:00)
  • プサン(21:00)→下関(翌日7:45)

手続き時間に制限があり、下関港出発の場合は18時30分までプサン港出発の場合は17時30分までとなっています。

運賃は2等客室往復で18,000円に、燃油サーチャージが1,820円(往復)の、合計19,820円です。カメリアラインと同様、WILLER TRAVELが出している早割を利用することで、往復運賃が12,600円となります。

車で下関港まで行く場合は港直結の駐車場がありますが、割引されても1日1,000円なので釜山で1泊2日滞在すると、合計4日分4,000円の駐車料金が発生します。

 

 

航空機

飛行機で行く場合、福岡空港からプサンの金海空港へは3つの会社が就航しています。

チェジュ航空、エアプサン、大韓航空です。

料金比較は、1か月先の2017年3月11日(土)~12日(日)で試算します。

 

エアプサン

往路 BX147 9:20→10:15 26,830円
(燃油サーチャージ・空港利用料込み)
復路 BX144 17:55→18:50

 

大韓航空

往路 KE784 11:00→11:55 28,850円
(燃油サーチャージ・空港利用料込み)
復路 KE797 18:00→18:50

 

 

チェジュ航空

往路 7C1451 8:55→9:50 15,330円
(燃油サーチャージ・空港利用料込み)
復路 7C1454 13:05→13:55

 

メリット:片道だと往路7,770円。

デメリット:広島発の場合、始発の新幹線では間に合わない。夜行バスか前泊が必要。

 

航空機まとめ

料金ではチェジュ航空が一番安いですが、出発時の当日新幹線の乗り継ぎがほぼ不可能です。そのため、夜行バスを利用するか、博多に前泊する必要があります。

エアプサンと大韓航空はあまり料金に差がありません。エアプサンの方がややプサン到着が早いので、その分滞在時間も長くなります。どちらも帰ってきた場合、日中の高速バスは利用できません。夜行バスか新幹線となります。

 

まとめ

時間に余裕はあるが、金銭的には抑えたい学生などは、友人と共に車で港まで行きフェリーで行くことをおススメします。

ですが、今回は「土日を利用して、プサンのカジノに行く」という前提があるので、ある程度収入がある社会人を対象として考えます。もちろんカジノだけではなく、観光や買い物の場合でも使えます。

そうなると、到着が翌日(つまり月曜日)になるフェリーは使い勝手が悪く、ビートルか航空機が選択肢になります。

 

ベスト選択肢の前提

社会人にとって広島からプサンへ行くベストな選択肢の大前提があります。

  • 行きは金曜夜の仕事終わりに広島から夜行バスに乗る。
  • 帰りは昼の高速バスか新幹線で帰ってくる。

この2点です。

 

プサンである程度の滞在時間を確保するためには、土曜日午前中の便に乗る必要がありますが、その場合夜行バスか始発の新幹線しかありません。睡眠時間も両者限られる中だと、価格の安い夜行バスに軍配が上がります。

一方で、月曜日からの仕事始めに備えるためには日曜日のうちに広島に帰ってくることが大事です。そうなると帰りも夜行バスというのはしんどいので、新幹線か当日中につく高速バスの昼便しかあり得ません。

 

ベスト選択肢(航空機編)

往路:夜行バス→チェジュ航空

復路:エアプサン→新幹線

 

金曜夜の仕事終わりに広島から夜行バスに乗り、翌朝のチェジュ航空でプサンへ行きます。

帰りはエアプサンでギリギリまで滞在し、翌日からの仕事に備えるため新幹線でさっさと帰ります。

チェジュ航空の往路片道は7,770円なので、これに夜行バス(4,100円)を組み合わせると、片道11,870円と最安値になります。復路のエアプサンは片道だと134,200ウォン(約13,200円)です。

  • 夜行バス:4,100円
  • 地下鉄(博多→福岡空港):240円
  • チェジュ航空(片道):7,770円
  • エアプサン(片道):13,200円
  • 地下鉄(福岡空港→博多):240円
  • 新幹線:8,420円

合計金額:33,970円 滞在時間:29時間

 

ベスト選択肢(ビートル編)

往路:夜行バス→ビートル

復路:ビートル→新幹線

 

国際運航しているフェリーや貨客船は数多くありません。今回のプサンの他ですと、大阪・神戸からの上海便と、鳥取県境港からのウラジオストク便のみです。ですので、多少移動時間を犠牲にしても「国際線フェリーに乗った」というのは一つの経験になるのではないでしょうか。

  • 夜行バス:4,100円
  • バス(博多→博多港):240円
  • ビートル(往復):19,400円
  • バス(博多港→博多):240円
  • 新幹線:8,420円

合計金額:32,400円 滞在時間:24時間

 

それでは楽しいプサンの旅を!