アメリカ入国に必須のESTAの対策と、入国審査の時間短縮法!

 

2009年1月12日以降、アメリカに入国するためにはESTAの取得が義務付けられました。主に短期の商用や旅行等のビザを取得しない人が対象です。留学のために留学ビザを取得した学生なんかはESTAはいらないです。

ESTAの登録については、日本語でも出来ますし、登録方法も「ESTA 申請」と検索したらたくさん出てくるので割愛します。

申請サイトはこちら https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

申請方法はこちら http://www.arukikata.co.jp/esta/index.html (地球の歩き方)

 

 

ESTA申請時の注意点

申請時点での注意点としては、下記の2点です。

  • クレジットカード決済が必要(14ドル
  • 遅くとも出発の72時間前までには申請を済ませる

一応搭乗直前でもできますけど、認証許可の連絡がメールで来るのと、その後の認証番号を確認しないといけないので、アメリカ到着直後にネット環境が無いと詰みます

 

最初の関門は入国審査

ただ、大変なのはアメリカに入国する時です。

というのも人種の坩堝であるアメリカでは、移民や不法滞在を取り締まるため入国審査がめちゃくちゃ厳しいです。初めてアメリカに行く人は、まず間違いなく入国審査官から英語で質問されると覚悟したほうが良いでしょう。もっとも聞かれることは滞在日数や目的、訪問地など一般的なことなので、そこまで気を張ることもないでしょうが。

さて、その入国審査官による審査前にESTAのチェックがあります。初アメリカ、もしくはESTA取得後最初の渡米のあなた。諦めましょう

有人レーンでのESTAチェックが必要なため、最低でも1時間は覚悟したほうが良いです。入国審査も含めると1時間半から2時間はかかるでしょう。

 

ESTA入国2回目の場合は早い!

一方で、一度でも長い列に並んでESTAで入国した経験があるあなた。ラッキーです。

ESTAでの2回目以降の入国は、遅くても1時間あれば抜けられます。というのも2回目以降は機械でESTAチェックが出来ます。しかも日本語対応です。

だいたい最初のESTAチェックポイント前でで「ESTA, Second time!」みたいな感じで係員が叫んでいるので、そちらに行けば機械でESTAチェックが出来ます。機械にたどり着くまで約30分、機械を抜けて入国審査にたどり着くまで約30分、合計1時間見ておけば十分過ぎるくらいです。

ただこの機械を使ってのESTAチェックはESTAの期限内のみです。ESTAの期限は2年間なので、期間を過ぎると再取得しなければならず、その後の最初の入国はまた長い列に並ばないといけません。他にもパスポートを切り替えたり、結婚して性別が変わったりした場合も同様です。

なお家族・友人等と一緒でも、ESTA1回目と2回目の人がいると当然分けられます。ESTA1回目の人も一緒に機械で…、なんて甘いことが通じるアメリカではありません。

 

ESTA入国1回目の対策

というわけで、ESTA入国1回目の時、アメリカ国内線で乗り継ぎなどがあり、少しでも早く入国したいときの対策です。

少しでも前の席を確保する。

最近の飛行機は、オンラインで座席指定を出来ます。少しでも前の席を確保することで、早く降機でき、早くレーンに並べます。

 

乗り継ぎ便がある場合は、時間に余裕を持っておく。

海外から日本に入国し、日本国内線に乗り継ぎの場合は1時間少しみておけば大丈夫です。しかしアメリカでの乗り継ぎの場合、3時間はみといたほうがいいでしょう。

 

別レーンが開放されたら、そちらに並ぶ。

混雑してきた場合、別のレーンが開放されることがあります。だいたい開放されたレーンに向かって並んだ方が早い場合が多いです。これは入国審査のみならず、出国審査の時なんかでもそうです。

 

まとめ

初めてアメリカに行くときは、慣れない英語や周りの人種の多さに圧倒されます。それに入国審査で「もし入国拒否されたらどうしよう…」という不安もよぎるでしょう。

 

でも大丈夫。

 

英語が出来なくても、真っ当に人生を送ってきていればそんな滅多なことでは入国拒否なんかはされません。

ただし、筆者は一度入国審査時に疑惑をもたれ、別室行きになった経験があります。

アメリカの入国審査の際、ビザに疑惑を持たれて別室行きになった話

2017年1月25日