NBA Live Mobile(US版)でメンフィス・グリズリーズを再現する。

 

基本ソシャゲをやらない筆者が、唯一やっているスマホゲームがあります。

表題の通り、NBA Live MobileUS版です。昨秋にアジア版がリリースされ、しばらくやっていたものの過疎っぷりがひどく、今年に入ってからUS版に乗り換えました。US版はアジア版より選手の数が豊富で、イベントも多いので、こちらのほうが理想のチームを作りやすいのです。

 

 

理想のチーム

では理想のチームは?というと、大抵この手のゲームは能力が高い選手を固めがちです。ですが筆者には目標があります。それは「このゲームで作れるメンフィス・グリズリーズの最強ラインナップを揃える」ことです。

実は筆者は昔メンフィスに住んでいたことがあります。また中高時代の部活はバスケ部でした。メンフィス在住中はよくグリズリーズのゲームを観に行ったものです。

そんなグリズリーズファンからしてみると、ラインナップを組む上で外せないメンバーがいます。

 

グリズリーズファンとしてはこの3人は外せません。というわけで、残りの空いたポジションであるSG・SFを組み替えていくこととなります。

選択肢としては、現在チームに在籍しているVince Carter(ヴィンス・カーター)、Tony Allen(トニー・アレン)、Chandler Parsons(チャンドラー・パーソンズ)などが挙げられます。

その他、メンフィスにゆかりがあるメンバーとして現ニックスのDerrick Rose(デリック・ローズ)、現ナゲッツのWill Barton(ウィル・バートン)、現キングスのTyreke Evans(タイリーク・エバンス)などのメンフィス大出身者をピックアップ。

さらにメンフィス生まれ、メンフィス大出身のTim “Penny” Hardway(ペニー・ハーダウェイ)が有力です。

では現在の筆者のラインナップを見ていきましょう。

 

ツーウェイ

 

コンリーランドルフがベースしかないので、78と低めの数字。今後はまずこの二人の上位カードを期待します。

ガソルは運よくBig Momentのイベント交換で一番最初にゲットでき、それ以来レギュラー。

SFは最近Playoff Momentでカーター(93)が出現したので、これを目標にします。

SGは今後の出現カード次第です。とりあえずの候補はRising Starのバートン(90)ですが、そこまで欲しくない…。

 

スモールボール

 

Winterのコンリー(86)は現時点で理想のものです。

使い勝手の観点からレギュラーを外れてはいますが、現時点ではHalloweenのランドルフ(80)が候補です。

SFはThrowbackのカーター(94)、センターはPlayoff Momentのガソル(90)があるので、これを狙っています。

SGが問題で、高嶺の花ですがファンセットの究極系であるペニー・ハーダウェイ(96)が目標です。

 

ディフェンシブ

 

現時点ではTeam of the Weekのコンリー(82)がベストですが、エリートの出現を望みます。

SFはCampus Heroのトニー・アレン(85)が唯一ここでエリートがあるので、これにします。

Throwbackのランドルフ(91)はクリッパーズ時代のものですが、ランドルフの中でも最強なので選択。

ガソルは最近Playoffで87のものが出たので、これにします。

SGは今やオークションでしか入手不可になりましたが、Legend setのカーター(90)を狙います。新規入手が不可なので、市場にあるうちに入手する必要があり、優先度は最上位です。

 

ビッグマン

 

Impact Playerコンリー(85)は確定です。

SGはCampus Heroバートン(84)がいるので、これにします。使い勝手はイマイチですが。

SFは最上級がAll Starカーター(96)ですが、オークション価格が高すぎるので、諦めます。次点で、ロケッツ時代のThrowbackパーソンズ(91)、あるいはグリズリーズ時代のThrowbackルディ・ゲイ(87)のどちらかになるでしょう。

PFは特に上位カードがないので、仕方なしにベースパックのランドルフ(78)です。

センターは、現在のレギュラーより数値は下がりますが、Award Setのガソル(87)ですが、受賞者イベントは本当に難しい…。

 

シューティング

 

Playoffのコンリー(86)でも良いのですが、さらに上位のBig Momentコンリー(89)を狙っています。

それ以外のラインナップは現時点でベストの選択であり、完成度としてはこのシューティングラインナップが一番上です。

 

まとめ

US版では課金が出来ないので、無課金でひたすらコツコツやります。つい先日ようやくレベル50に到達し、だんだんチームが出来上がってきました。

今後の一番の難関はやはりヴィンス・カーター。レジェンドと呼ばれるだけあって、巷の人気も高く、ゲーム内の能力も高く、ゲーム内オークションでもかなりの高額で取引されます。いかにしてコインを貯めて、これらを落札するかが鍵になってくるでしょう。

また機会があればアップデートしていきます。NBAファンの方はぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか!