インドネシアで使う日本のクレジットカードの選び方。VISA or JCB?

 

突然ですが、筆者はインドネシアのジャカルタで働くことになりました。

そのため現在身辺整理を進めていますが、悩みごとの一つがクレジットカードの取り扱いです。筆者の現在の所有クレジットカードは以前記事にした通りです。

【クレジットカード】海外を多く旅する筆者が利用しているクレジットカード一覧

2017年1月17日

今回は、ジャカルタで生活していくうえでどのようなクレジットカードに、どのようなメリット・デメリットがあるかを考察しました。

 

 

クレジットカードを組み替える理由

まず、新しい勤務先の給料ですがすべてルピア建てで支払われます。

日本の口座引き落としで設定している今あるクレジットカードはすべて、何らかの方法でインドネシアの銀行口座から日本の銀行口座へ送金しなくてはなりません。

そのため、一つの対策としてインドネシアの銀行口座引き落としの現地発行クレジットカードを作ることが挙げられます。これはクレジットカードがベストですが、とりあえずはデビットカードでも問題ないです。大きな理由は上記のような送金の手間と通貨換算時の為替手数料を回避できることです。

 

ブランドは?

首都ジャカルタではクレジットカードが使える店舗が多くあります。それでもVISA/MASTERのみという店は少なくありません。特に日本人があまり訪れないような場所で、ローカル色が強いところはその傾向が顕著です。

一方で日本人が良く訪れるような日本食レストランや日系の店、あるいは大型モール内の店舗などはJCBも使えます。特に日本食レストランではJCBカードの利用で10%~20%オフになる店も多いです。なので利用金額が多くなる場所では、JCBを使える機会が増える傾向にあります。

 

利用頻度 VISA/MASTER > JCB

利用金額 VISA/MASTER < JCB

 

VISA1枚ですと、割引プロモーションを取り逃がします。一方、JCB1枚だとJCB使用不可の店で現金が足りないと窮地に陥ります。なのでVISA1枚、JCB1枚ずつ用意し、メインカードは自分のライフスタイルに合わせて決めていくのが一番良い道です。

 

今持っているカードの取捨選択

改めて筆者が持っている現在のカードは以下のとおりです。カッコ内は年会費(税込)です。

  • ANA SFC JCBゴールド(16,200円)→継続
  • SPG アメックス(33,480円)→継続?
  • 三井住友VISAプライムゴールド(1,620円)→継続
  • 住信SBI VISA デビットカード(無料)→継続
  • 楽天 JCB デビットカード(無料)→継続
  • JRAカード(1,350円)→解約
  • ひろぎんカード(1,350円)→解約

 

住信SBIと楽天のデビットカードはキャッシュカードも兼ねており、年会費も無料なので継続です。使わなければ放っておけばいいだけです。

JRAカードは競馬場に行く機会もなくなるでしょうから、解約します。

ひろぎんカードは、元々広島での給与振込口座のために広島銀行で口座開設しましたが、こちらも広島を離れると不要になるので、解約予定です。

 

問題はメインカードの3つです。

まずSPGアメックスは年会費を払っており、無料宿泊が1泊残っているので今年いっぱいは継続します。しかし年会費の高さとアメックスが使える場所の少なさから、そのベネフィットを最大限活かすことが難しそうなので、次年度になるまえに解約するでしょう。

 

VISA or JCB

そして本題のVISAとJCBの組み合わせです。せっかく取得したSFCを手放すつもりはないので、SFCは継続の方向です。あとはSFCのブランドをVISAにするかJCBにするかです。

 

SFC JCBの場合

ANA SFC JCBゴールド + 三井住友VISAプライムゴールド(年会費17,820円)

新しいカードの発行が必要ないパターンです。地場系銀行発行のVISAカードが手に入るまでは三井住友VISAで代用するパターンです。日本食レストランなどの単価が高い場所でJCBを使い、割引を活かしながらマイルを貯めていきます。

 

SFC VISAの場合

ANA SFC VISAゴールド + JCBゴールド(年会費22,140円)

SFCをブランド切り替えでVISAにし、新たにプロパーのJCBゴールドを取得します。VISAでSFC維持コストを抑えつつ、JCBゴールドで年間100万円利用し、JCBゴールド ザ・プレミアにグレードアップしてプライオリティパスを目指すルートです。

JCBゴールド ザ・プレミアは以前から検討していました。デメリットは年会費が高くなるのと、SFC VISAとJCBゴールド双方に審査が必要なことです。恐らく今申し込めば問題なく通るでしょうが、日本の住所がなくなったあとでは審査に通らないでしょう。

ちなみにJCBゴールドの代わりに、今春から発行されるBRI-JCBプラチナカードも選択肢です。年会費やプライオリティパスの付与など、不明な点が多いですが、今後注視していきたいと思います。

 

まとめ

現状ではANA SFC JCBゴールドを維持する方向で検討しています。しかしそもそも「ANAマイルが必要か?」という議題にぶつかります。

日本在住ならANAメインで良いでしょうが、インドネシアのジャカルタをメインとするならガルーダインドネシア航空かシンガポール航空をよく使うことになります。そうなるとマイル還元率1.25%のSPGアメックスも捨てがたいです。

そして最終的に、「マイルなどのポイントが必要か?」という議題になります。送金手数料や為替手数料、年会費の分を抑えて現金を作り、年利6%ともいわれるインドネシアの定期預金に預けるという手もあります。

現金があればマイルによるキャリアに縛られることなく、LCCなども含めて比較できるので、相対的なコスト削減にもなります。この2つの議題については、近いうちに検討・考察記事を書きます書きました。

【インドネシア】ジャカルタ在住の日本人(駐在員、現地採用)向けのおすすめマイレージプログラムは?

2017年6月22日

【インドネシア】ジャカルタ在住の日本人(駐在員、現地採用)向けのおすすめマイレージプログラムは?【第二弾】

2017年7月28日

定期金利7%のインドネシアで銀行口座を開設する方法!BCAで口座開設してみました。

2017年7月6日

【2019年最新版】インドネシアの銀行で定期預金!最大6.75%の金利を受けれるのは?

2019年7月15日

最短当日発行は本当だった!?JCB OSゴールドカードが8分で取れた話。

2017年9月26日

 

カードを持つだけで朝食無料マリオットゴールド(SPGゴールド)資格が取得でき、100円の利用につき1.25マイル(ANA, JAL, etc…)が貯められるSPGアメックスカード申し込みはこちらからどうぞ。今なら最大21,250マイル(17,000スターポイント)をゲットできます。